エミール・ガレ美術館


Information

入館料 

800円  (小学生以上)

※  心身に障害のある方、および10名以上の団体はお一人様 720円

※  心身に障害のある方のお付き添いの方 1名は無料

エミール・ガレ美術館は安曇野アートラインに加盟しています

 

一部の作品は低めの高さに置かれています。これは車いすをお使いの方の目線に合わせているためです

目線の高さは人それぞれに異なり、同じものを見ていても、「見え方」は違うもの

しゃがみこんだり、のぞきこんで見たりと、森の中を散策するようにこの小さな小さな美術館で作品をご覧ください

開館時間

夏期(4〜10月)9:00〜17:30  最終入館
冬期(11〜3月)9:00〜16:00  最終入館
  

※  火曜休館(但し、8月は除く)

鑑賞時のお願い

 

展示作品の保護を目的に、また、多くの方に美術館をお楽しみいただくためにも、以下の点にご協力をお願いいたします

・展示作品や展示台にはお手を触れないでください

・展示室内での撮影はご遠慮ください

・お話をする際には、他の鑑賞者へのご配慮をお願いいたします

・美術館ガイドは、お帰りの際に受け付けへお戻しください。なおこの美術館ガイドの撮影はご遠慮ください

・ペットはお連れいただけません

その他、スタッフの指示に従っていただきますよう、お願い申し上げます

特に近年、スマートフォンやタブレットで作品を撮影される方が見受けられます

当美術館内では撮影は厳禁とさせていただいております

エミール・ガレ美術館

 

ご挨拶

美術館は展示作品から何かを見つけ出し、学ばなくてはならない場所・・・でしょうか?

なんだか価値があるらしいから、まあ見ておこうか・・・?

そんな考えはとても残念です。私たちは、美術館はそこに置かれた作品が「息をしている」場所だと考えています。

静かで暗い収蔵庫や、もしかしたら日の目をみることなく放っておかれていた場所から出て「深呼吸している」かもしれません。

ここでは、息をしている作品とともに過ごす「時間」そのものを楽しんでいただきたいと思っています。

安曇野という土地を訪れていただくと、この土地の明快な四季や、自然がもたらす生命の美しさを改めて感じていただけるのではないでしょうか。

そしてこの美術館では、エミール・ガレという人物が心から愛し、また研究者の目で観察した命あるものたち、小さな虫の美しい翅や花のつぼみ、枯れ行く花の一瞬のきらめきを、ガラスの中に切り取った彼の研究、試みと挑戦をご覧いただいています。

〔READ MORE〕

 

Emile Galle エミール・ガレ

エミール・ガレ(1846ー1904)の略歴を3つの時期に分けてご案内します

まずは

生い立ちから日本美術との出会いまで

 

アートディレクターとして最も輝く時期へ

万国博覧会での輝き

 

そして、誰もが避けられない

人生の終焉へ

 

作品のご紹介

展示室は安曇野の四季を切り取った4部屋から構成されます

はっとするような、もみじの赤

秋の展示室へどうぞ

autumn

 川面に浮かぶもみじの葉が、静かに流れて運ばれていくイメージの秋の展示室

もみじを乗せた3叟の赤い舟は、低い位置に設定されています

これは車椅子をお使いの方の目線の高さに設定しているためです

目線の高さは人それぞれに異なり、同じものを見ていても、「見え方」はそれぞれ違うもの

しゃがみ込んだり、覗き込んで見たりと、森の中を散策するように作品をご覧ください

 

 tombo-vase_front

エミール・ガレ「蜻蛉文花瓶」(とんぼもんかびん)

1930年6月

パリにおける国立美術学会のサロンへ出品した作品は、それまでに類を見ない新シリーズであり、その中の1点は1匹の蜻蛉が軽やかに舞い降りる姿が描かれた偏豆形の花瓶でした

 

この新作は大変な反響を呼び、即ざに装飾美術中央同盟の代表者に買い上げられ、現在もパリ装飾美術館のコレクションに収められています

〔READ MORE〕

 

 

ガレチケのご案内

美術館とティータイム

どちらも楽しむ、しかもお得に!

 

hp_galle-ticket

「エミール・ガレのガラス作品の鑑賞」&「イタリアンレストランでデザートとお茶」

両方をお得にお楽しみいただく、それが『ガレチケ』です

通常、美術館入館¥800とデザートセット¥850で¥1、650のところ『ガレチケ』ご利用なら両方を¥1、300でお楽しみいただけます

〔ガレチケの詳細はこちら〕