東京アート株式会社 環境方針


環境理念東京アートグループは、パッケージ製品の製造販売、ガラス製品・ノベルティ商品の販売、ミネラルウォーターの製造販売を企業活動の領域とし、環境に配慮した活動を通して、恵み豊かな地球の存続に貢献します。
ガラス工芸作家エミール・ガレの作品を展示する「安曇野アートヒルズミュージアム」では、ガレの愛した自然と日本の四季が感じ取れる美術館運営を通じ文化事業で社会貢献します。

環境方針

1.事業活動に伴う環境影響を認識し、汚染の予防を推進します。

2.環境関連法や環境上の規範を順守し、自主的な地球環境保全活動に努めます。

3.資材調達から廃棄に至るまで、環境に配慮した商品開発・技術開発を推進します。

4.省資源・省エネルギーに努め、環境負荷を低減します。

5.資源循環型社会を目指し、廃棄物の排出抑制とリサイクルに努めます。

6.気候変動の緩和・適応の強化に取組み、生物多様性及び生態系の保護に努めます。

7.上記の環境に与える活動を考慮し、環境マネジメントシステムを構築し 環境目的・目標を定め定期的に見直しを行い、環境活動の継続的改善を図ります。

* 環境方針は文書化し、全従業員に周知すると共に社内外に公開します。


 

制定 2017年 4月 1日

東京アート株式会社

代表取締役社長

miki