宮澤 京子


宮澤 京子 ( みやざわ きょうこ )

1975年長野県出身
1998年明星大学 造形芸術学部 造形芸術学科 卒業
1999年安曇野アートヒルズミュージアムにて創作活動開始
2002年 
〜2007年ビアマグランカイ 入選(北海道)
2004年 
〜2014年UNITE展 ー明星大学ガラスコース同窓会展ー 出展
2007年〜書家・細野静耀氏とコラボレーション
2008年 酒の器展(福井県) 入選 
  
  
作品

miyazawa_IMG_7235

 

作品名「コトリ」

テーマ 

コンセプト

 


技法ピンブロー/ 研磨

メッセージ

 

 

miyazawa_IMG_7239

 

miyazawa_IMG_7246

miyazawa_IMG_7251

 

作品名「レモンソーダ」

テーマ 

コンセプト

 


技法/ 研磨

メッセージ

 

 

 miyazawa_IMG_7252

miyazawa-waterfall1-1miyazawa-waterfall2-1miyazawa-waterfall3-1

作品名「ウォーターフォール花器」

テーマ光に反射して、きらめきながら水が流れ落ちる瞬間

コンセプト

水の一瞬の動きをガラスで表現することで、ガラスとしても、“水”としても面白い作品です
滝から感じる静けさや、激しく流れ落ちる水しぶき
静と動を合わせもつ作品


技法ピンブロー/ 研磨

メッセージ

小さな滝ですが、思いとしては雄大な滝です。ちっちゃいですけど
滝を前にした時に感じる静けさと、同時に流れ落ちる激しさ
その一瞬を閉じ込めることができたのでは、と思っています

miyazawa-suimen2-1miyazawa-suimen1-1miyazawa-suimen3-1

作品名「水面 皿」

テーマ揺れる水面に光が反射し、きらきらと光る水の表情

コンセプト

様々な表情を見せる“水面”がこの作品のテーマです
水面の一部を持ち運んで、皿の上にのせたような、まるでそこに“水面”があるかのように感じる


技法ピンブロー/ 研磨

メッセージ

ガラスと水

2つの間に共通する“透明感”
作品のイメージはいろいろと浮かんできます。色をつけても、泡を入れても、透明感があるからこそ美しいと思うのです
そして、「水」というテーマから離れられず・・・