未分類

早く和明ガラス展 -Journey to Inner Space- 会場展示作品のご購入について

<会場展示作品のご購入について> ・「早川和明ガラス展 -Journey to Inner Space」会場内展示作品は、10月17日(水)に抽選を行い、その結果をお知らせするハガキは19日(金)に投函いたしました ・お申し込みの方が複数いらっしゃった作品は、当館の責任の中で厳正に抽選を行いました ・当選された方はハガキの内容をご確認の上、購入に関する意思を確認させていただくため10月29日(月)までに弊社宛ご一報をお願いいたします ・残念ながら今年の抽選には漏れてしまった方へもハガキで結果をご案内しております 不明な点などございましたらお問 ...

早川和明ガラス展 -Journey to Inner Space- 作品のご購入について

早川和明のガラス作品販売は以下の通りとなります 販売スタート 9月15日(土) 10:00〜 安曇野アートヒルズミュージアム 本館1階内 作品  詳細確定しましたらアップして参ります <作品の販売について> ・「早川和明ガラス展 -Journey to Inner Space」会場内展示作品は、会期終了後の販売となります ・会場内展示作品はお申し込み制となり、申し込みの方が複数いらっしゃる場合には当館の責任の中で厳正に抽選を行います ・会場内展示作品のお申し込み方法は会場でご確認ください ・販売作品は初日にすべてご覧いただけます ・おひとり様 ...

美術館(蜻蛉文花瓶)の続き

その後まもなく、作品の人気を受けてガレは同じ花瓶をもう1点制作し、アメリカ・フィラデルフィア美術館が買い上げました。 1903−04年にさらに2点制作されましたが、残念ながらその内の1点は持ち主が壊してしまったことが確認されているため、残る1点が当館で展示している「蜻蛉文花瓶」です。 1904年、ガレが亡くなる直前に制作された作品であり、長年の研究の成果による「究極」の技術が集約され、全体の洗練された雰囲気には息をのむほどの存在感があります。 半透明の羽は幾重にも層を成し、細かい網状の模様は繊細なレース編みのようです。 細かく切り込まれた表面の ...

出店者様ご紹介ページ

安曇野の風はすっかり秋です いよいよARTHILLS AZUMINO MARKETも準備で忙しい時期です ご出店いただける皆様をご紹介します! 楽しみです!来て!来て!来て!ARTHILLS AZUMINO MARKETへ! ・広瀬農園(「あづみ野湧水」を使ったシードル、ジャム、安曇野のお米等の販売) ・KEEP LEFT(アメリカンアンティーク雑貨) ・SHUTARO KOBO(家具作家) ・スタジオ・ミューゲ(ハーバリウムワークショップ、ハーバリウムアクセサリー等の販売) ・米澤農園Yummy ! Yummy! テント(信州産林檎、ぶどう ...

free wi-fiサービス

お客様のお手持ちの端末(スマートフォン、タブレット、パソコン等)のwi-fi 設定画面にArthills-Free とい表示されますので、選択してつないでください パスワード等はありません 現時点(2018.8.8現在)では安曇野アートヒルズミュージアムの本館建物内に限られます ご利用に際しての注意事項 1.wi-fi サービスはお客様へのサービスの一環として行なっておりますが、接続環境を100%保証するものではありません 端末の状態により、接続ができない場合もございますので予めご了承ください 2.通信環境につきましては常時接続を提供いたしま ...

作品紹介「ヒトデとタコ文花瓶」(続き)

半透明の乳白地に鉱物のように見えるサリッシュールが施され、海中を優雅に泳ぐタコを表現し神秘的でもあります タコの足を模した花器の口、金箔を挟み込んでまばゆい光を放つ取っ手はアプリカシオンされてタコの足の1本となっています 残りの足は器腹部に手彫りされ、横にはヒトデが同様にグラビュール技法で描かれています 同型の作品が1900年開催のパリ万国博覧会において「孤独な憩い」と名付けられたガレのショーケースに飾られていました <技法>サリッシュール  制作の過程で灰などの不純物によってできる汚れは「サリッシュール」と呼ばれていました ガレはこれを意図的 ...

作品紹介「海底文鉢」(続き)

この「海底文鉢」は幾重にも重ねた透明、薄い青、薄い緑のガラス層は奥行きをもって澱んだ深海を表し、横方向に向かって施されたグラビュールが繊細に色調の変化を生み、潮の流れを表現します 側面には意図的に大小多くの気泡を練り込み、そのうち2つはカボッションで真珠が表現されています 美しい海底の風景を写しながら、実のところ植物学、化学、科学、文学などあらゆる分野に精通した科学者としてのガレの観察眼が、海面を通して差し込む光など、単に美しいだけではない写実的な表現を可能にしたのです ガレは深海をテーマにした作品を多く制作しており<展示室・冬>の「海馬ータツ ...

美術館ご挨拶の続き

生まれ故郷への愛情と、自然への崇敬、探究者としての挑戦はガレという人物を形作る軸でした。 ガレが故郷を、家族を思う強い意志の根底にはいつも、幼い日々を過ごした故郷の森の自然への愛情と崇敬、そして小さな生命への温かなまなざしがあふれていました。 私はそこに共感し、ガレという人物のまなざしを通して、改めて自然界の秩序や美しさに、驚きをもって感謝することができるような気が致します。 年代順の展示を排し、細かな技法の説明はガイドブックでご覧いただけるようになっています。 また2006年の全館リニューアル時にバリアフリー対応を目指しました。美術館内はガラ ...

2018年ハーバリウムforweb

<終了しました>Special Herbarium Workshop

ハーバリウム、ちょっと気になるという方、せっかくなら手作りしてみたいという方 アートヒルズミュージアムで、スペシャル ワークショップを開催します 今年の母の日の贈り物は、今までとちょっと違う物を・・・そんな方にもオススメです Special Herbarium Workshop  開催日:2018年4月28.29.30日<3日間限定> 会場:アートヒルズミュージアム 中2階特別会場 時間:9時~17時 体験料  ハーバリウム Sサイズ2,000円 / Lサイズ3,500円 ブリザーブドフラワーアレンジメント 3,500円(キャリーバッグ付き) ...

announce_repair

館内一部 改装工事のお知らせ

寒い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか。 日頃より安曇野アートヒルズミュージアムをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。 当館は下記日程で館内の一部で改装工事を行います。 工事中は大きな音が出ることもございますが、安全第一に進めて参ります。 お越しの際にはご不便をおかけすることもございますが、何卒ご理解のほどお願い申し上げます。 なお改装工事は一部ですので、全館通常通り営業致します。 改装工事: 改装場所 本館1階ショップ内 改装日時 2月21日(水)〜3月5日(月) *終了日は早まることもあります