冬だけ!ゆっくり、じっくり吹きガラス体験

冬だけ!ゆっくり、じっくり吹きガラス体験

レストランのテラス席から望む白馬の山も日毎に白く輝き、安曇野は美しい季節を迎えています。寒いですけど。

寒い冬だけのお楽しみ!吹きガラスの「ゆっくり、じっくり」体験が始まりました。

通常の吹きガラス制作体験費にプラス1、000円で、お楽しみは2倍!いえいえ、2倍以上かも!!

通常の吹きガラス体験ではできない作業を、ゆっくり、じっくりお教えします。

目の前で変化する熱いガラスに、ドキドキワクワクしてください!冬だけですよー。

ゆっくり、じっくり吹きガラス体験

体験費 ¥4、700(通常¥3、700のコップ、または一輪挿しに¥1、000を追加)

体験時間 約30分

 

ゆっくり、じっくりのドキドキポイントはこちら

 

チャレンジポイント1!熱上げ

竿の先をグローリーホールに入れ、竿を手元で回しながらガラスの温度を上げ、同時にガラスの形を整えます。グローリーホールから吹き出す熱気を感じられます。

yakimodoshi

1200度に熔かされたガラスも空気に触れるとどんどん温度が下がり固まっていきます。成形しやすいように、必要に応じて、グローリーホール(通称ダルマ)と呼ばれる窯に何度も入れて温度を上げます。

 

チャレンジポイント2!紙りん

kamirin

映像で見ることの多い工程の1つではないでしょうか?たっぷりと水で濡らした新聞紙を手のひらで広げ、その上でガラスを成形します。

すぐ目の前にガラスの熱気が!立ち上る水蒸気!焦げる新聞紙!きゃーっ、とならず、慌てずゆっくり。

大丈夫です、熱くないんです。

 

仕上げの段階です。

チャレンジポイント3!口を広げる

kuchi

コップ、一輪挿しの口元を広げる作業です。ガラスのもつ「粘り気」は常温の硬く冷たいガラスからは想像できないと思います。

左手で竿を回しながら、右手でゆっくり口を広げる作業は、意外と難しいんですよ。

*実際の体験で使用する道具は写真のものとは異なります。

 

以上3つのドキドキポイントを押さえつつ、世界に1つのグラスや一輪挿しを作りませんか?冬だけのお楽しみ。

「ゆっくり、じっくり吹きガラス体験」に是非トライしてみてください。

<ご注意ください>

・「ゆっくり、じっくり吹きガラス体験」は中学生以上が対象です

・吹きガラスは前日までのご予約もお受けできます。メールでのご予約はこちらから

・体験当日に通常コースからゆっくり、じっくりへ変更するのは状況によりお受けできないことがあります。あらかじめご了承ください

・「体験するならぐるっとPASS」もご利用ください(要事前申し込み)