日本の美しいガラス – 漆ガラス –

日本の美しいガラス – 漆ガラス –

urushi

長野県木曽地方は漆器の生産地として名高い地です。

10年以上のお付き合いになる「丸嘉小坂漆器店」さんの漆グラスに、この春新しい雰囲気の商品が加わりました。

元々は「すいとうよ」シリーズの、漆の赤と黒、緑をガラスに塗り、描かれた酒器やワイングラスが中心でした。

もちろんこれらの「すいとうよ」シリーズも、美しい艶、色彩の素敵な器です。今春登場の新シリーズ「百色」は、耐久性の追求と、“漆らしさ”を使いやすく楽しいものに昇華させたいという思いから、研究を重ねて生み出されたものです。

 

職人さんの手仕事により、丁寧に塗り、描かれ、1点ごとの違いが愛着に変わるような。

温もりとクールさ、新しさとクラッシック感が共存する、本当に素敵なテーブルウェアが誕生しました。

研究の深さと丹念な思いを感じる1点1点は、漆の美しさを一層引き立てるガラスの存在があり、また逆に漆の新しい色彩とマットな艶がガラスの美しさを際立たせています。

手にすると、その軽やかさに息をのむような美しい漆ガラス。逸品です。