<終了しました>若月まり子 人形展

<終了しました>若月まり子 人形展

 

期間 10月1日(土)~10月31日(月)

会場 本館2階オルゴール コーナー奥 ギャラリー

<終了しました>

「若月まり子 人形展」は今年で8回目となりました。

初日には若月まり子先生に在廊していただき、多くのお客様をお迎えすることができました。

秋の安曇野の心地よい空気の中で、若月まり子先生の愛らしいお人形たちの、美しい佇まいをご覧いただける貴重な機会です。

若月まり子先生の創作人形は「ビスクドール」と呼ばれ、顔や手足は陶器でできています。目は目の作家さんが作るガラスのとんぼ玉を使い、中には60本の虹彩が入っているというのは驚きです!

また、まつ毛には片目、上下に100本以上のミンクの毛が使われています。

お人形の洋服も、染の段階から手作りです。

髪の毛は人形によって、シルク、アンゴラヤギの毛、ナイロンを染めたものが使い分けられています。

1点ごとの表情やたたずまいの違いはもとより、構想から仕上がりまでの時間や細やかな手間を考えると、若月まり子先生のお人形が特別な存在だということがお分かりいただけるのではないかと思います。

<会場も素敵な雰囲気に仕上りました>

gallery

 

amoretto

「忘れな草の妖精 アモレット」