ガラスペン仕入れ日記

daiary-banner

仕入れ日記「ガラスペンに触れる旅」


ミラノから巨体の特急電車に乗って、ヴェネチア本島のSanta Lucia駅までは約2時間30分

大都会ミラノから、ロミオとジュリエットの舞台・Veronaを通過して、ヴェネチアへ

車窓からの眺めも、都会から田園風景へ、途中で葡萄畑へと変わり、いつまでも見飽きることがありません

そろそろかな・・・なんて腰を上げたくなる頃、ある時突然、目の前に海が広がります

夏であれば、目の前に地中海が青く広がり、胸をときめかせてくれます

そして必ず心の中で叫びます「オー、メディテレーーーニアン!」

venetia_3_R0010232

ヴェネチア本島 Santa Lucia駅の長ーいホーム

大きなスーツケースをゴロゴロ引いた大勢の旅行者

みんな本当に嬉しそうです

 

venetia_4_R0010233

まずはSanta Lucia 駅に到着

目の前に広がる運河やボート、ひなたぼっこする旅行者もいて、ヴェネチア本島のにぎやかな玄関口です

泊まりはヴェネチア本島のホテルです

チェックイン後に荷物を預け、ここからは水上バスでムラノ島へ向かいます

 

station_R0010310

水上バスの路線はそれなりに複雑なので、乗る番号を間違えないように

ムラノ島直通の水上バスは、本数もそう多くないので時間はとても大切

ムラノ島で働く人たちも、住まいそのものがムラノ島の人は少なく、ほとんどの方は本島に住んでいるそうです

なので、朝晩の出勤時間帯は結構満員ボート

この水上バスは、相当な悪天候や霧の日でも動いてくれるので本当にありがたい

ヴェネチア本島はもちろんですが、どの島も車は走れません

移動は基本、人力、かつ、階段や橋など、上下の移動も激しいので、歩くことが基本です

 

お目当ての水上バスに乗って、ゆっくりと水路を進みます

運転手さんはとっても運転が上手

当たり前だけど、やはりすごい!と毎回思います

水路の両側は「これぞヴェネチア!」という建物が続き、やがて沈み行く島に流れて来た、長い長い時間を思います

 

venetia_5_R0010235

水路をゆっくりと進み、内海に出るとボートは一気に加速して進みます

夏は当然、外のデッキが人気

空を見上げて海風を浴びて、気分はクルーズ

私はおばさんなので、座りたい派です

 

venetia_6_R0010236

venetia_7_R0010243

venetia_8_R0010242

ムラノ島が見えてきました!見えている大きな建物も、創建当時を忍ばせるレンガ造りのガラス工房です

ヴェネチア本島から直行の水上バスで約20分程の距離

ムラノ島は、島全体が1つのガラス工房とも言える特異な島であることは有名です

ムラノ島には確か、駅が2つ

いつもの駅まで、あともう少し!!!

「みんな元気かな?」なんて考えながら、ボートが速度を落として駅に近づいていく時間が大好きです

 

仕入れは体力がいるので、まずは腹ごしらえが重要です

特にムラノ島にはお目当てのトラットリアがあるので、気持ちがせいてせいて仕方ありません

いくつもの工房を回るので、工房の誰かと一緒にランチをとることも多いです

このトラットリアは、ヴェネチアならではの前菜や、シンプルなパスタが本当に美味しい!陽気な店主は絵に描いたようなヴェネチア人(いつも少し酔っているけれど、明るくてお洒落な人です)

venetia_9_R0010264

venetia_10_R0010267

たらふく頂いて、気持ちも上がってきたら、さあ!ガラスペン職人さんのアトリエへ向かいます運河に面したアトリエはショップも併設しています

決して大きいとは言えないスペースですが、代々家族で引き継いで来たそうです

そして今は彼女の息子さんもこの椅子に座り、インクポットやワイングラスなどを作っています

彼女が丁寧に作ってくれるガラスペン

制作風景をご覧下さい

 

avv-GR-all

作るのはアヴェンチュリンという鉱物を巻いたガラスペンです

 

pen_1_R0010280

緑色のガラス棒の先端部分を熱して、粉状のアヴェンチュリンを付着させ、もう一度熱して一体化させます

彼女は「グリーンが一番好き」だそうです

スタートは鼻歌まじりに軽快です。リズムが大切なんでしょうね

 

pen_3_R0010282

右手に持っている透明ガラスも先端を熱してから、先ほどの緑のガラスにくっつけ、繋いだ部分をもう一度熱します

ガラスは制作の段階で空気に触れ、温度が下がってしまうと成形できなくなるため、何度も熱して温度を上げる必要があります

 

pen_4_R0010283

熱しながら、右手に持っているガラス棒をゆっくり伸ばしています

 

pen_5_R0010284

十分に熱したら、右手をくるくる回してガラスをねじりつつ、伸ばして持ち手部分を作っていきます

 

pen_6_R0010287

ペンが真っ直ぐになるようにガラスを落ち着かせます

右手に持っているのがペン先部分です

 

pen_7_R0010288

ガラス同士を継ぐには、同じ温度にする必要があります

 

pen_8_R0010289

ペン先と持ち手を継ぎ、全体を真っ直ぐに整えます

 

pen_9_R0010290

彼女は素手で作業をしていますが、ペン先部分は実はまだ300度以上あります

それでももう成形できないほどカチカチなのです

大理石の上に静かに置いて冷ましていきます

 

リズミカルに進む作業は見飽きることがありません

彼女の手元でガラスはどんどん変化していきます

自分でもできるかも?と思わず錯覚してしまう、なめらかな手さばき

彼女のお父様もここで、ガラスペンをお作りになっていたそうです。素敵なお話ですね

 

こうして彼女が丁寧に作ってくれるガラスペンを、私たちも大切に販売しています

ガラスペンは、使ってみて初めて、そのなめらかな書き味に驚かれることでしょう

確かに、実用品ではありません

けれど、1文字したためるごとに、思いも染みていくような書き味とインクの香りは、優雅で静かなひと時を運んでくれます

 

私もガラスペンを使うと、彼女の早口のイタリア語が聞こえてくるような気がします

今日は久しぶりに彼女に、そして家族や友人に手紙を書こうかな

ヴェネチアの職人が1本1本手作りしているガラスペンは、ガラスの魅力を凝縮したような素敵な佇まいで

書く度に、ガラスの心地よい重量感となめらかな書き心地、インクの香りが気持ちまでおだやかにしてくれます

大切に販売しているこのガラスペンが生まれる場所を、仕入れの時に撮った写真でレポートしました(写真は2009年)

 

HP修正_ARTHILLSMUSEUMSHOPロゴ

<< ガラスペンはネットSHOPでもご購入いただけます >>