Candle Night 2019

HP_christmas-tizzer

今年こそ、みんなで一緒に

安曇野アートヒルズ ミュージアムのキャンドルナイトは、安曇野の、寒いけれど、でも美しく優しい冬を皆さんと一緒に楽しみたいと思って開催して参りました

2006年以降、開催してきた、氷のキャンドルホルダーに灯を点したキャンドルナイトは、残念ながら継続が難しくなりましたが、「安曇野の美しい冬」を皆さんと一緒に楽しめるイベントを探してきました

そこで、今年はCANDLE  JUNE さんと一緒に、キャンドルナイトを開催します!

 

CANDLE JUNEさんによるキャンドル・インスタレーションの設置や、キャンドル作りのワークショップ、点灯式など穏やかな優しい冬時間を過ごすためのイベントを、いくつもご用意する予定です

今年こそ、みんなで一緒に!冬の楽しみを分け合いましょう

 

CANDLE JUNEさんと一緒にキャンドルを灯しませんか

HP_candle-night-tizzer

日程 11月2日(土)〜12月25日(水)

 

キャンドルジュンさんは2011年の東日本大震災以降、東北に通い続け、2011年6月からは毎月11日に必ず、こども園や仮設住宅でキャンドルナイトを開催されています

2014年からは場所を福島に限定して、9年目の現在も、その活動を続けていらっしゃいます

そこでは集まった子供達にそれぞれの夢を短冊に書いてもらったり、キャンドルホルダーに書いてもらって一緒に灯されています

みんなの夢を一緒に灯すことで、それぞれの復興が叶うような、キャンドルジュンさんのキャンドルナイトはきっと温かで穏やかな空気に包まれているような気がします

今回初めて安曇野アートヒルズ ミュージアムでキャンドルナイトを開催していただきます

「灯り」を見つめながら、心静かに何かを願ったり、祈ったりするのは私たちに許されるとても贅沢な時間だと思います

冬の安曇野で、そんな贅沢で、優しい時間を一緒に過ごしませんか?

 

HP_candle-workshop

CANDLE  JUNE のキャンドル作りワークショップ

 

キャンドルジュンさんと一緒にキャンドルを作りましょう

型にキャンドルを流し入れ、ゆっくりと冷やして固めます

固まったところで型からはずし、ラッピングして完成!

作ったキャンドルは、当日そのままお持ち帰りいただけます

キャンドルが冷えて固まるまでの間、作り方の注意点やキャンドルへの思いなどを、キャンドルジュンさんがお話ししてくださいます

*参加費 ¥2、000

 

11月30日(土)、12月22日(日)も開催します!!

時間やお申し込みはこちらから

 

〔終了〕CANDLE JUNE さんと点灯式

11月2日(土) 17時〜 会場:本館2階  正面玄関

*この日は19時まで開館時間を延長いたします

(ただし、美術館、レストランQuindici、ガーデンハウス(米澤農園、お食事処  稜線) は通常通り17時で終了致します)

HP_candle-night_000288

 

CANDLE JUNE さんのキャンドルPOP-UP SHOPも期間限定でOPENします!

キャンドル・インスタレーションはもちろん楽しみですが、家でもキャンドルを灯したい!贈り物にしたい!

そんな皆さんに素敵なお知らせです

CANDLE JUNE さんのキャンドルを安曇野アートヒルズ ミュージアムでも期間限定で販売します

本館・ショップ1階

 

HP_CandleJUNE

CANDLE JUNE(キャンドルジュン)

1994年、キャンドルの制作を始める。

ギャラリー、サロンなどでエキシビジョンを開催し、様々なファッションショーやレセプションパーティ、大型フェスティバルやライブステージの空間演出をおこない、キャンドルデコレーションというジャンルを確立する。

「灯す」場所へのこだわりを持つことから、現在ではフィールドデザイン、ディレクターとして様々な空間演出を手掛ける。

2001年に広島で原爆の残り火とされる「平和の火」を灯してからは、「Candle Odyssey」と称し、悲しみの地を巡る旅を始める。

アメリカを横断、N.Y.グラウンドゼロで火を灯し、その後はアフガニスタンへ。2005年からは終戦記念日に中国チチハルにて火を灯す。戦争やテロが起きた場所を灯す旅は震災の起きた場所。2004年の新潟中越地震、仮設住宅訪問を続けた結果、震源地長岡市(旧川口町)にて復興イベント「SONG OF THE EARTHフェスティバル」を開催。

2011年東日本大震災を受けて「LOVE FOR NIPPON」を立ち上げ、被災地への支援活動をスタート。

現在でも福島で毎月11日にキャンドルナイトを行い、「SONG FOR THE EARTH FUKUSHIMA」も開催するようになる。

支援活動は熊本地震や北海道など、これまでの経験とつながりから広がりを見せている。