秋麗 2019

秋麗 2019

秋の安曇野を、ぎゅっと凝縮してお楽しみいただく2日間

「秋麗 2019 」はガラス、ワイン、ビールに工芸!と、盛りだくさんに信州を味わう2日間です

 

台風の影響を考え、下記「焚き火イベント」のみ中止致します

またの機会に開催したいと思っております

HP_Autumn-Fire_2


feel the fire ー昼から楽しむほっこり焚き火ー

昼から楽しめる焚き火は、いくつかのイベントを開催します

夕闇が迫る頃には山を背に厳かな焚き火に

火を囲む秋の夕方・・・何となくいい感じですよね?

夕方には風も少し冷たく感じる頃

安曇野アートヒルズ ミュージアムの焚き火イベントへ!

〔詳細はコチラ〕

 

HP_Autumn-Maruyoshikosaka

kosaka_DSC_4722-0.8deg

【開催中】木曽漆器の伝統技術を、ガラスに描いた丸嘉小坂漆器店の美しい漆硝子

日本の美意識や漆塗りの文化を守り、自由で新鮮な漆硝子を広くご紹介いたします

今年は特別に、丸嘉小坂漆器店にオリジナルの漆グラスをオーダーし、特別に販売いたします

そしてこのオリジナルの漆硝子に、信州産ワインの試飲チケットがついた秋麗2019の特典をつけての販売もあります

TII8197_B4

開催します【実演あり】塗り師・小坂知恵さんをお招きし、間近に漆の塗り作業を見せていただきます

 

naruse-san_workshop-top-new

【開催します】鍛金作家・成瀬恵理さんと作るカトラリー

「鍛金」をご存知ですか?

薄く伸ばした真鍮や銅を道具で叩きながら成形し、仕上げていく工芸技法の1つです

鍛金作家・成瀬恵理さんをお迎えし、鍛金でカトラリー(スプーンとフォークが一体になったもの)を作る特別ワークショップを開催します

最初は、叩く、叩く、叩く

もう夢中で、ひたすら叩くのです

様々な道具を使って角度をつけたり、カーブを調整したり、細やかに、こだわって「私の角度」や「私の触り心地」を形作って行きます

仕上げになる磨きの作業も、大切です

仕上がった「私の」スプーンやフォークは、愛着とともに長くお使いいただけることでしょう

さあ!一緒に作りませんか?

 

開催日 10月13日(日)、14日(祝月) 各日とも午前・午後の2回

定員 各回5名様(ただし、中学生以上)

参加費 3、000円

【要予約】店頭またはメールでお申し込みください

メールでのお申し込みは下記フォームからどうぞ

SPWS_naruse

*タイトル(Subject)に「鍛金ワークショップ申し込み」と入力して下さい

hp_workshop_1

体験教室での作業の様子

 

hp_workshop_NARUSE

鍛金作家・成瀬恵理(なるせえり)

1982年東京生まれ。学生時代に金属工芸を学ぶ

現在は岐阜県中津川市で制作活動を行っている

 

HP_Autumn-Wine

【開催します】
本館・中2階の特設会場ではNAGANO WINEコーディネーターの花岡純也さんと厳選した、赤ワイン3種、白ワイン4種、シードル2種の中からお好きなもの、気になるものをチョイスして、試して楽しむちょっと素敵な試飲会を開催します!

しかも、お試しには丸嘉小坂漆器店の漆硝子のワイングラスをご用意しています

ワインソムリエ・清澤瞳さんをお招きしています

語らい、和むワインの味

国際的にも評価の高い信州産のワインを是非ともご賞味ください

【漆硝子の使用は有料企画のみとなります】

 

【中止になりました】チャリティー撮影会 開催

申し訳ありません

またの機会にご案内いたします

dog

 

*イベントのタイトル、内容、価格は予告なく変更することがあります。ご了承ください